8歳でDJに憧れ、
ターンテーブリズムの素晴らしさに魅了されたDJ RENA。
 8歳でDJに憧れ、ターンテーブリズムの素晴らしさに魅了されたDJ RENA。
  •  
     
  •  
     

HOME | BIOGRAPHY

HOME | BIOGRAPHY

BIOGRAPHY

DJ RENA
Birth: 2004.12.08(♂)
Stay: Nara, Japan

DJを始めたキッカケはヒップホップダンスショーケースでの出会いだった。

3歳からヒップポップダンスを習い始め、それまではダンスバトルに夢中だった。
8歳(当時小学4年生)の時、アーティストのライブのダンスショーケースに招かれ、そこで初めて観たDJ443が奏でるバトルDJの本格ターンテーブル扱いの凄さ(DJパフォーマンス)に感動したことがキッカケとなる。
その後、YouTubeを参考に父親が趣味で持っていたターンテーブルと ミキサー、2枚のアナログレコードの興味深さから小学校からの帰宅が楽しみな毎日を過ごした。
9歳(当時小学5年生)になったRENAは、DMCバトル部門の世界チャンピオンDJ AKAKABE、 DMCチーム部門の世界チャンピオン5連覇を持つKIREEKの DJ HI-Cと出会い、 HI-Cを師匠に更なるターンテーブリズムの素晴らしさに魅了されることになる。

DMC世界最年少のチャンピオンへの夢を追いかけて。

夢は「DMC世界最年少チャンピオン」。最初は「小学生のうちにDMC JAPAN FINALのステージに立つこと」を目標にスタートした2年前の2016年、当時小学6年生にしてDMC JAPAN FINALのシングル、バトル両部門ステージに立つことができ、掲げた目標が達成できた。
翌年、中学1年生となったRENAは2017年8月26日、 DMC 日本チャンピオンを獲得し、その1ヶ月後に迎えることになる最大の目標である イギリス・ロンドンで開催されたDMC WORLD FINAL(世界大会)に日本代表として参戦。
それまで世界最年少チャンピオンの記録を保持する当時15歳のカナダ人"A-TRAK" の記録を20年の時を経て、12歳にして日本人RENAがその記録を塗り替えた。
2017年10月1日、"DMC世界最年少チャンピオンへの夢"が現実のものとなる。


TwitterTwitter
 
InstaInsta
TwitterTwitter
 
InstaInsta